妊活に役立つ葉酸サプリとは?どれを選ぶべきなのか迷った時の解決策

妊娠中に必要とされる葉酸を簡単に摂取することができてしまう葉酸サプリ。

しかし葉酸は妊娠中だけでなく、妊活中であっても効果を発揮します。

また、今では妊活に特化した葉酸サプリまで販売されているのです。

ですがそのような妊活に有効な成分がたくさん含まれた葉酸サプリを選ぼうと思っても、たくさんの葉酸サプリがある中から探し出すのはとても大変なことですよね。

そこで今回は、妊娠を希望している方や不妊でずっと悩んでいる方に向けて、おすすめの葉酸サプリをご紹介していこうと思います。

妊娠しやすくなる葉酸サプリを探している方はぜひご覧ください。

葉酸サプリが妊活にも役立つというのは本当?

まずはなぜ妊娠中だけでなく、妊活中にも葉酸サプリが良いと言われているのかお伝えしていきます。

妊活をしている時から葉酸サプリの使用を推奨されている理由には、次のようなものがあります。

葉酸が受精卵の着床を助ける

葉酸には受精卵が着床するために必要な子宮内膜を厚くする働きがあります。

そのため子宮へ受精卵が着床しやすくなり、妊娠確率を高めることができるのです。

ではなぜ子宮内膜を厚くすることができるのかというと、その理由は葉酸の造血作用に隠されています。

葉酸が赤血球の生成を手助けし、体内の血液が増えることで血流が良くなり、栄養が体の隅々まで行き渡りやすくなります。

そのおかげで子宮内膜が厚くなりやすくなるのです。

また、受精卵の着床確率を上げられる理由はもう一つあります。

それは葉酸のホルモンバランスを整える効果です。

女性の体は排卵後、受精卵を着床しやすくするために子宮内膜が厚くなります。

ですがホルモンバランスが乱れていると子宮内膜が薄くなりやすくなってしまうのです。

しかし葉酸を摂取するとホルモンの分泌が促され、ホルモンバランスを整えることができますよ。

こうした葉酸が持つ2つの働きで妊娠しやすい体へ整えていくことができるのですね。

受精卵の細胞分裂が促進される

葉酸は細胞分裂を促進する働きもあり、受精卵の成長をサポートします。

受精卵が育っていくと徐々に赤ちゃんの体が形成されるため、受精卵の成長はとても重要となります。

もしも受精卵が上手く成長できなかったらどうなるのかというと、先天性の障害を持って産まれてきてしまうリスクが上昇してしまうのです。

妊娠を望んでいる方であればきっと、誰しもができるだけそうしたリスクを背負いたくないと思うはずです。

ですが葉酸を摂取すれば細胞分裂が正常に進みやすくなり、受精卵を大事に育てていくことができますよ。

妊娠前から葉酸を摂取すると先天性障害を予防することができる

先ほどもご説明したように、体から葉酸が不足していると細胞分裂やDNAの合成がきちんと行われづらくなり、先天性障害である神経管閉鎖障害のリスクが高まってしまいます。

特にこの神経管閉鎖障害は妊娠初期に起こりやすく、それを防ぐためにはなるべく葉酸を妊娠前から積極的に摂取していかなければいけません。

このように葉酸は妊娠後にも良い効果を発揮することができるので、妊活中であってもはやめの段階から摂取しておくと良いでしょう。

妊活をするならこの葉酸サプリを選ぶべし!

これまで妊活と葉酸の関係性についてお伝えしてきました。

葉酸の効果を見ていると、妊活にも良いとされる理由が分かるような気がしますね。

そこでここからは、妊活をしている方にぜひおすすめしたい葉酸サプリをご紹介していきます。

現在妊娠を望んでいる方や、不妊の悩みを解消して妊娠を目指したいと思っている方は必見です!

妊活に最適な「ベジママ」

内容量 124粒入り(1日4粒目安)
商品価格 2,750円(税抜)
葉酸の含有量 400㎍
配合成分 l  葉酸

l  ピニトール

l  ルイボス

l  ビタミンC

l  ビタミンE

l  ビタミンB12

添加物 一部添加物を含有
GMP認定 認定済み

妊活中の方へ最もおすすめしたいのが、こちらのベジママという葉酸サプリです。

ベジママには葉酸をはじめ、妊娠に有効な成分がいくつも含まれています。

そのため妊活中には積極的に飲んでおきたい葉酸サプリとなっていますよ。

では、そんなベジママの詳細については下記で詳しくご紹介していきますね。

ベジママに配合されている注目の成分「ピニトール」

ベジママに配合されている成分でまず注目したいのが、ピニトールです。

元々ピニトールは海外の方でメジャーだった成分で、ベジママの販売元である関西鉄工株式会社が自社栽培に成功して、ベジママに使われるようになしました。

そしてベジママに配合されているピニトールを食べ物にして現すと、

  • 豆乳…693ml
  • 大豆…433粒
  • ルイボスティー…87杯

これほどの量が必要となってしまいます。

それを毎日食事から補うというのは簡単なことではありません。

しかしベジママを飲めば、これらのようなものから無理にピニトールを摂取しなくても、簡単に体へ摂り入れることができてしまいますよ。

そんなピニトールには加齢やストレスなどのさまざまな原因で衰えてしまう女性の体を守り、妊娠しやすい体へ変えていくことが期待できます。

豊富なミネラルを含有!ルイボスを配合

さらにベジママには、妊娠に効果的なルイボスも配合されています。

ポリフェノールの一種であるフラボノイドが含まれたルイボスは遺伝子の異常が発生してしまうのを防ぎ、正常な遺伝子へと変える働きがありますよ。

そのため妊娠への悪影響を心配せず、準備を整えて妊娠を目指していくことができます。

妊活が成功しやすくなる生活習慣とは

最後に、妊娠しやすくなる生活習慣にはどんなものがあるのかここで少しだけお話していきますね。

葉酸サプリを使うだけでなく、生活習慣を見直すことでも妊娠しやすい体を作り上げていくことができますよ。

1日3食でバランスの取れた食生活を心がける

やはり妊活をするのであれば、1日3食でバランスの取れた食生活をすることが基本となります。

ご飯・お肉・魚・野菜など偏りのない食事をしていくことで、妊娠確率が上がりやすくなります。

また、糖分や塩分の摂取量を減らすのも大事です。

糖分や塩分の量を抑えた食生活を送っていけば、妊娠後の高血圧や糖尿病を予防することにつなげることができますよ。

体温が高い状態をキープする

妊娠するためには普段からなるべく体を冷やさないようにして、体温が高い状態を常に維持しておくことも大切です。

暖かい飲み物を飲んだり、体が温まりやすい食べ物を使った食事を取り入れていくと体の冷えを防ぐことができますよ。

その他にもお風呂の湯船にゆっくりと浸かれば体が温まった状態を持続させやすくなります。

体の冷えに気を付けて、念願の妊娠を果たしてしまいましょう。

適度な運動を心がける

妊娠をするには適度な運動も行っていかなければいけません。

運動と聞くと、「運動量の多い激しい運動をしなければいけないのではないか?」と思われる方もいるかもしれませんが、実際はそうでもなく、ほんの少しだけ体を動かす程度でOKです。

歩いたりするだけでも血行が改善されやすくなったり、ホルモンバランスが整いやすくなったりするので妊娠にもすごく効果的ですよ。

ぜひ運動と並行して妊活を行ってみてくださいね。

まとめ

今回は妊活に効果が期待できるおすすめの葉酸サプリをご紹介しました。

妊活に有効な葉酸サプリを探している方は、妊娠することができるのか不安だったり、不妊で悩んでいたりと理由はさまざまだと思います。

期待をして妊娠検査薬を使ったのに、妊娠の反応が出なかったらガッカリすると共にすごく悲しい気持ちになってしまいますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です